過去最大規模のドラクエ 星のドラゴンクエスト(星ドラ)

星のドラゴンクエスト(星ドラ)】毎日プレイしている筆者が教えるお ...

星のドラゴンクエスト』2015年10月15日からスクウェア・エニックスより配信のスマホ用ゲーム。

基本無料でアイテム課金型だ、移動や戦闘はオートで行われる。

一度はドラクエシリーズをプレイした方も多いだろうが、ドラクエワールドを宇宙規模で再現!

ダウンロード累計2000万突破

「星のドラゴンクエスト(星ドラ)」は、スクウェア・エニックスの看板タイトル「ドラゴンクエスト」シリーズであり、星に迫る危機を救うための目的で冒険の旅に出発するRPGだ。   
なんと本作単体で累計2000万ものダウンロードを記録しており人気の高さが伺える。
本作の魅力はなんといっても、スケールの大きさ。冒険は星々の規模にまで及ぶ。加えてタッチで目的地を選べば主人公たちをオートで移動させることができ、ドラクエおなじみの対面視点のターン制バトルを盛り込でいる。

hoshinodqjp_01

対面視点こそドラクエって感じがある。バトルはターン制。

冒険のはじまり

hoshinodqjp_02

主人公達3人は記憶を無くした状態でマール島という場所の浜辺で、モモンガ族の「モガマル」発見される。3人は自分の名前以外しか覚えてていなかった。しかし、かつて星の危機を救ったという「冒険王」ガイアスの書を持っていたことから、モガマルは二代目冒険王だと言って主人公達の冒険に同行することになる。

人物紹介

アース(男) / テラ(女):本作の主人公。これは設定上の名前で、ゲームでは最初「じぶん」という名前になっている。冒険王ガイアスの孫の1人

サンド(男) / アクア(女):設定上の名前があるが、最初は「なかま1」「なかま2」という名称になっている。同じく冒険王ガイアスの孫で、主人公とは兄弟姉妹にあたる。3人ともビューティーサロンで名前・性別・見た目は自由に変更可能。

※ビューティサロンは、キャラの顔や性別や名前を変更することができる場所のことだ。

モガマル:ピンク色のモモンガ族、ゴーグルが特徴。

スラッピ:小型スライム。いつもモガマルの肩に乗っている。人語はしゃべれないが、モガマルとは意思疎通ができる。主人公達には「ピピ」としか聞こえない。

ガイアス:ブルリア星の探索しつくした冒険王。主人公たち3人の祖父であり、とある理由から「冒険王の書」の中に魂を入れており、主人公たち3人助言を与える事もある。

目次

リセマラに関して

①星のドラゴンクエストをインストール→②チュートリアル後5連ガチャを引く
③手紙からの300ジェムで1回ガチャを引く→④データのバックアップを取る
⑤手紙からの300ジェムで1回ガチャを引く
星5装備が出現で終了or星5装備が出なかったら最初からやり直し。ここまでで15分位

顔合わせでジェムを集めてから一気にガチャを引く

他には、マルチプレイの「顔合わせ」機能を使って最大16500個ものジェムを入手できる。

ただし3時間以上かかる。それでも効率はこちらの方が良い。

ゲームシステムについて

hoshinodqjp_03スタミナとジェム

スタミナは移動やダンジョン等に挑むなどの行動をすると消費する。スタミナは3分で1回復する。残りのスタミナが挑戦したいダンジョン等の消費量に満たない場合、ジェムを消費すればスタミナを回復させれるが、ジェムは貴重なのであまりオススメしない。また、ダンジョンで全滅した場合もジェム消費で復活できるがどうしてもという場合以外は使わないほうがいいだろう。スタミナは冒険ランクを上げても増えていく。

装備品の種類

装備品は大まかに武器と防具2種に分かれ、武器12種あり剣・短・杖・槍・斧・棍・爪・ムチ・扇・ハンマー・ブーメラン・弓がる。

防具は5種からなり、頭・からだ上・からだ下・盾・アクセサリーがある。装備品には一部を除き固定のメインスキルが付加されている。さらに武器にはサブスキルスロットが設定されており、スキルを自由に付け替えできる。アクセサリーに関しては2つまで装備可能。

装備には強化と進化の概念が存在し、ももん屋で行える。強化は他の装備品を素材にしてステータス値を上げる。後者は同じく装備品を使い、最大値を上げたり、サブスキルスロットのランクや数を上る事が可能。更に、錬金という概念もあり、別の装備をつくる事も可能だが、専用の装備と素材が必要。

BlueStacksを使ってPCで 星のドラゴンクエスト を遊ぼう

移動と戦闘

マップを選択すると、他のプレイヤーキャラ(助っ人)、食べ物1つと、4種類までのアイテム、パーティーメンバーを選択し、決定後はオートで移動する。

戦闘もほぼオートで味方メンバーは自動で所持している武器で繰り返し攻撃する。スキルに関しては手動で発動となり、時間経過で使えるようになる。スキルの使用感覚は各スキルごとにゲージで管理され、実行したスキルはゲージが空になりすぐに使うことができないが、他のスキルもゲージが少し減少してしまう。

スキルにはドラクエシリーズおなじみの「メラ」、「ギラ」などの攻撃呪文や回復呪文の「ホイミ」、「せいけんづき」等の攻撃特技、「おはらい」などの補助特技等がある。

星のドラゴンクエストの序盤攻略のコツ

hoshinodqjp_09          メインストーリーでジェムためて、サブストーリーで特産品を集めよう。

hoshinodqjp_13

ボスモンスターを倒すと、多数の報酬を得られ、スキルでとどめを刺すとさらに特別な報酬を得られる。

目安はボスのHPゲージが、3分の1あたりまでの減らしたら、全キャラのスキルを叩き込もう。

hoshinodqjp_05             ダーマ神殿まで進めば転職が可能に。冒険の幅がさらに広がるぞ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる