極限のリアリティ ハイエンドな音と映像のMMORPG!

 

traha-jp_01

まるでPCゲームのようなハイエンド画質を実現!

目次

MMOの極限到達

TRAHA(トラハ)は、360度の景観や音まで美しいオープンフィールドMMORPGだ。

高度な3D制作を表現できるUnreal Engineを採用。

遠くの風景がぼやけたり、近くがはっきり見えるといった現実のさながらの映像を独自技術により可能にした!

音の面でも、森や雪原等の環境面による音の違いを再現している。

プレイ中のカメラアングルも自由に変更可能。

映画の中を自由に遊んでいるような錯覚すら覚えるほどの臨場感が味わえる。

 

荒野から草原まで大国を細部まで冒険できる!

traha-jp_02

広大な世界をオート進行で駆けることもできる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲームパッドでキャラを動かしすことで広大なフィールドを探検できる。

オートでも進行も可能。

バトル時に攻撃やアクティブスキルを使う仕様だが、長押し等を使ったスキルや派生技がある。

 

TRAHA(トラハ)の特徴は美麗グラフィックと操作のレスポンスの良さ

traha-jp_04

グラフィックの良いゲームは数あるが、本作のグラフィックは同等以上の水準だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラのアングルも細かく設定できる。

オートだと作業的な感じがする印象があるが、オート進行中でも映画をみているような気分で 楽しめる為、意外と飽きずに楽しめたので良かった。

とはいえ、手動の時の多彩なアクションも本作の大きな魅力なので、

適度に織り交ぜて遊ぶのが良いだろう。

ちなみにオートよりも手動の方が経験値が多く貰える仕組みだとなっているので、余裕がある時は手動で遊ぶのがおすすめだ。

操作感に関しては、高画質に設定した時も処理落ちが無く、キャラのアクションや移動時に荒野を駆ける抜ける動きも滑らかで問題なく遊べた。

育成やバトルだけでなくサブコンテンツも楽しめる

traha-jp_05

クエストにそって様々な機能が開放されていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バトルモードや各種コンテンツはクエストの進行状況に合わせて開放されていく。

メインクエスト、サブクエストにソロモード・パーティモードなどがあり、サブコンテンツとして採取や釣りといったサバイバルのような能力が必要となるときもある。

マルチありきな仕様ではなく、自分のペースで挑戦できるモードも用意されているので、あせらずプレーできる。

ソロで黙々と自己強化や、パーティプレイに挑戦する前の練習としても遊べるのが、ある意味ストレスなく遊べる要素でもある。

育成メニューに関しては武器にレベルが設定されている。

ロール(役割)を変更することで、ヒーラーからアタッカーへ瞬時に変更できる等、状況に応じて対処できる。

ゲームの流れ

traha-jp_07

 

 

 

 

 

 

 

「TRAHA」の舞台は、ヴァルカンナイアドという2つの王国が争う世界観だ。

ヴァルカン王国

TRAHAの画像

ナイアド王国

TRAHAの画像

ゲーム開始時に陣営を選択してゲームをスタートする。

次に性別などが違う4人の中からキャラクターを選ぼう。

キャラごとに武器が3つ設定されており、武器はロールに関わってくるので、好みもあるだろうがロールも意識して選ぼう。

 

traha-jp_08

 

 

 

 

 

 

 

キャラの顔や体格などは思いのままに設定可能。

 

traha-jp_09

 

 

 

 

 

 

 

フィールドでは主に受諾したクエストを達成しながら冒険していく。

画面右側にあるウィンドウをタップしてみよう。

 

traha-jp_10

 

 

 

 

 

 

 

まず、バトル中の基本操作はバーチャルパッドを使用して戦う。スキルボタンをただ連打するだけでなく、

タイミングを測ったり溜めたり、派生するコンボスキルもあり、アクションパターンは多い。

ボス戦

TRAHAの画像

通常ならばソロでも十分にプレイ可能だが、ボス戦に於いてはマルチないと歯が立たないだろう

ボスは特定の時間にフィールド上へ現われ、推奨は15人なっている。この時ばかりは力を合わせ討伐しよう。
本作はキャラクター設計の自由度が高く、色々なパターン構成が可能となっている

 

TRAHA(トラハ)の序盤攻略

traha-jp_12

クエストをこなしてもレベルが上がりにくい。地道に遊ぼう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チュートリアル後に3つの武器の中からひとつを選ぶ。

レベル20まではその武器で戦うことになるが20までそこそこ時間がかかるので慎重に選ぼう。

本作は武器ガチャが存在せず、武器はクエスト報酬モンスターからのドロップ等や「競売場」で行えるトレード機能を使うことで手に入る。

TRAHAの画像

とはいえ、ガチャのような運の要素も無くはない。キャラクターの強化要素である「精霊カード」、

冒険の相棒ともいえる「ペット」、バトルの手助けとなる「召喚獣」などはパックを開封してランダムに手に入る。

上記の要素は序盤はクエストのクリア報酬でたくさん手に入った。

採取や釣りでサブコンテンツを満喫

traha-jp_13

釣りや工芸サブコンテンツのチュートリアルは、クラスレベル12を達成する

クエストあたりからなどのが挿入される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣りは現実のようにタイミングが大事になっていて、釣った魚を料理することも可能。

専門技術レベルを上げる事でバトル以外の楽しみも増えていくだろう。

「専門技術」は、本作の生産系スキルにあたり、料理・工芸・鍛冶・考古学の4種類からなる。

ゲームをやりこんでハイエンドな世界を体験しよう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる